FC2ブログ

訪問ヘルパーに犯された!自分が嫌になる

ここでは、「訪問ヘルパーに犯された!自分が嫌になる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さとみママ

ha-toさとみママの無料動画はコチラ…(。・ω・。)ノ


私は、37才。

登録訪問ヘルパーとしてたまに働いています。

本当は正社員になって働きたいのですが、義父の介護もしなければいけないので、長時間は働けません。

登録ヘルパーという仕事は、突然仕事の依頼が入ることが多いので買い物やその他の用事をするために週に3回、私が勤めてる会社じゃないヘルパーを頼んでいます。

今までは年配の女性の方が多く訪問してくれていたのですが、数ヶ月前からたまに男性の若いヘルパーさんが来るようになりました。

先日のことなんですが。
たまたま外出の用事もなくヘルパーさんが来る時間に私も家にいたんです。

いつものように若いヘルパーさんが義父のお世話をしていました。
朝からテレビをつけっぱなしにしていたのでそのままにしておいたのですが。 今思うと少し音量が大きすぎたのでしょう。

ヘルパーさんが義父の身体拭きや着替えなどをやっている間、何度か私に声かけをしたらしいのですが、私はキッチンで夕食の準備をしていて、全く気付きませんでした。

テレビの音も大きくて余計に聞き取れなかったのだと思います。

すると突然、「あの、聞こえてますか?」と若い男のヘルパーさんがキッチンに入ってきました。
ビックリして思わず鍋を落としそうになりました。

「どうかしましたか?」

と向くと急に抱きしめてキスをしてきました。

あまりにも急で何が起きたか分からないまま舌を強引に入れてきました。
頭の中では抵抗してるのに、身体は真逆の反応…。
服の下から胸を揉まれ、もう一方の手はスカートの中に。

旦那とご無沙汰な私は、普段からいやらしい妄想ばかりしてるせいで、お汁がダダ漏れになってしまいました。

若い男、しかも旦那以外の男。
このシチュエーションを天井から見下げるもう1人の私。

いやらし過ぎる展開です。

身体のいたるところを一度に触られているようで若い男のテクにすっかり洗脳されてしまいました。

抵抗しようとすればするほど快感が押し寄せ、力も入らずなすがままの私の心は、犯される覚悟ができていました。

すぐにパンツも下ろされてしまい指でかき回され「グジュグジュッ…ジュジュジュッ」っと恥ずかしい音がキッチンを支配します。

やっと唾液まみれの揉みあった口を離してもらえたときには私の口からは「ああっ、はあん」と欲しがる女の声しか出ませんでした。

次の瞬間には私の自分から両手をキッチンにつき、腰をグイッと突き出しました。

私の熟れたお尻がおねだりし始めました。

「おねがい、もう限界…」

普段から真面目で通っている私なのに、ハシタナイ言葉が自然と 吐息にまじって出てきます。

すぐに、ヘルパーさんの生黒くてビンビンに反り返ったモノを突き立ててきました。

(旦那とは全然違うッ!)
(こ、これなの、この激しく求めてくれるオスが欲しかった… )


隣の部屋にいる義父に声が聞かれないようにしている反面、聞かれてもいいかな、なんてバカなことも考えてしまいました。

若いってすごいんですね…

私がイってもまだ激しくピストンは続き私が2回目の絶頂を迎える頃「おれ、無理っす…」と小さく叫びながら、私の狭肉部屋中に飛び散らしました。

熱く抱かれるなんて、何年ぶりでしょうか。

事が終わると必死で「本当にすみませんでした。」って謝ってきたけど、本音はまた彼が欲しい。

こんないやらしい私、 変ですか?変ですよね、だからこんなブログ書き始めたんだものね。
自分で自分が嫌になる。

さとみ

ha-toアダルトブログランキングで他の子の日記も読めるよ(。・ω・。)ノ
エロエロな女子がたくさんいて良かったーε-(´∀`*)ホッ 私だけが変態じゃなかったのね🎵
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。